ドッグフードのおすすめランキングと評価は大嘘で危険?国産なら安全なのか。

ドッグフードランキングと評価は大嘘が多い!騙されないで!という記事をよく見かけませんか?
ドッグフードは商品数が多く初心者の飼い主さんはきっと迷うことでしょう。そんなときに頼りたくなるドッグフードのランキングサイトですがランキングの情報をそのまま鵜呑みにしてしまっても大丈夫なのでしょうか?
また、国産なら安全なのかについても詳しく調べてみました。

ぜのぜの

おすすめなのに嘘?それって結構危険な事なんじゃないかな?

ドッグフードランキングの評価が大嘘って?

ドッグフードのランキング記事をよく見ていると同じようなドッグフードばっかり出てきます。これは一体なぜなのでしょうか?

信頼できない最大の理由

  • 広告が多すぎる
  • どのサイトも同じものが出てくる
  • 原材料がすぐに分からない

ドッグフードのランキングサイトでの人気1位〜5位を総ナメしているドッグフードの公式サイトには共通点があります。広告に埋もれいるというのも一つですが、そのサイトに飛んでも原材料を調べるのに時間がかかるんです。
中には探すのが面倒になって閉じたサイトもありました(;^ω^)

ぜのぜの

しっかりとどんなものかを見極める必要があるね!

アレルギーが起きにくいフードを探しているのに原材料が見づらいなんて不親切ですよね。優秀なドッグフードもあるのだろうが人気ランキングに名前が出てくるほど凄いとは正直どれも思えませんでした。良い製品も出ているけれど、その分マーケティングで操作されているので実態を把握しておかないといけません。

注意
犬の知識がない人が作っているサイトもあるので注意が必要です。

ドッグフードのランキングは、当サイトでも紹介していますがあくまでも参考程度にしてくださいね。

ドッグフードの分類

ドッグフードは法律上は雑貨扱いになります。つまりお金儲けだけを最優先にしている悪徳なペットフード会社も存在します。

犬のことを考えていない業者も…

ペットショップやホームセンターには大手メーカーが作った獣医さん推奨などの記載が入ったドッグフードがたくさん並んでいます。中にはコスト重視で粗悪な原材料を使っていたり発がん性物質が含まれる保存料を使っているペットフードもあります。

ぜのぜの

どうして犬が食べるものなのに犬のことを考えてないんだ…。

ドッグフードランキングでよく上がるメーカーとその仕組み

記事を書いて売れたら広告料がもらえるという仕組み。なので、もらえる金額が大きいドッグフードをイチオシしている訳なのです。ドッグフードの広告料は安いものから高いものまで様々あります。だから広告料が高いものにブロガーの評価が偏りがちになります。なので本当に良いドッグフードを見分ける知識を身に付けないといけません。

高額な広告料に釣られている

アフィリエイトの高額商品ばかりがランキング上位にいます。アフィリエイトとは自分が運営するサイトやブログでメーカーの商品などを宣伝し、販売を促すネットビジネスのことです。インターネットをやっている人なら一度は目にしたことがあると言ってもいいサイトやブログの広告は、実はこのアフィリエイトであることが多いです。

MEMO
よく聞くのはモグワンやカナガン。決してその2つが悪いとは言いませんが、1個ドッグフードを売ると3000円~5000円程度の報酬をもらえる仕組みになっているようです。
なので絶対これ!などの嘘のドッグフードランキングがネットにどんどん広がっていってしまうのです。

こんなことじゃ、ランキングの根拠が謎なので裏で力が働いているのでは?と疑心暗鬼になる人もいますよね。正当な理由を書いてランキング形式で紹介する場合は良いのですが根拠もないことを言っているランキングは信じるべきではありません。

本当に獣医師監修かも怪しい

それ以外にも獣医がオススメする犬の餌の選び方というようなランキング形式のドッグフードのランキングサイトがありますが獣医の名前が記載されているのか。もし書かれていても実在するのかまで調べる必要があります。しかし実在していたとしても不特定多数のドッグフードを推奨している場合は信頼できません。キャッシュバック目的かもしれません。

ぜのぜの

療法食は直接獣医さんに相談した方がいいよ。

同じドッグフードばかり売れるのはおかしい!

ドッグフードを食べる愛犬の好き嫌いや年齢などによっても変わります。ドッグフードは各商品それぞれ小型や大型そして飼い主さんがどんな悩みをもっているか?を考え安心して解決するために研究を日々重ねて開発しています。関節に不安がある子のために関節をサポートする成分が含まれている原材料を使ったり消化吸収を促進する素材のみで作られているドッグフードもあります。

愛犬にベストなフードを選ぶのなら製造元の確認に加えて、どういった健康効果が期待できるのかを見極めることは愛犬の健康を考えることが大事です。

ドッグフード選びは絶対慎重!

今食べているドッグフードが未来の愛犬の健康を作るのです。質が良いドッグフードを食べ続けることで違いが確実に健康診断の結果に違いが出てきます。

スポンサーリンク

ドッグフードは国産なら安全?

大きいサイズの日本の国旗

海外製のドッグフードは少し信用性が欠けると感じる人が多いようです。

ですが…

国産ドッグフードも原材料の産地と製造元が違ったり表示があいまいなドッグフードがあります。

国産表記だけど原材料は海外製も。

ドッグフードは最終的に加工された場所が日本であれば国産と表示できます。 海外の原材料を使っていても日本で加工すれば国産ドッグフードと言えてしまうのです。

安全なのはどうやって見分ける?
ドッグフードのパッケージで原産国だけを見るのではなく、しっかり原材料の産地を確認しましょう!

輸入品と国産品が同じ価格であれば国産品の方が原材料や品質管理にコストをかけている可能性が高いと言えます。その国産業者が悪徳じゃなければという話ですが。

国産のドッグフードの安全性

日本の国産ドッグフードは、品質管理がだいぶしっかりしてきたものの、まだまた先進国に比べると安全性が低いのが事実です。製造地が外国というのも多いんですね。絶対悪いというわけではありませんが国産だと偽ってないかと少し怪しくなります。

ぜのぜの

なるほどね。人間のものもあるよね、国産と偽っているもの。
ペットの方がもっと多いみたい

日本よりも海外に自社工場をもったほうがコストを削減することができ、その分原材料にもっとこだわるという考えの企業も存在します。製造地もしっかり国産が良いというならドッグフードのパッケージをよく確認することは大事ということになるのです。

ペットフードに関する規制

様々な団体がペットフードの健全化にむけて活動しています。一般社団法人ペットフード協会やペットフード公正取引委員会などがあります。またペットの健康を守るために平成21年から施行されたペットフード安全法です。
やっと日本にもペットフードに関する規制ができました。

MEMO
農林水産省と環境省の共管で作られた法律です。国が介入してドッグフードの調査や規制を行うといった内容です。実際にペットの健康被害を防止する必要性が認められたときは国は対象となるペットフードの廃棄したり回収等を行うことができて立ち入り検査も実施できます。

今まではこのような規制はまったくなく、ある意味ペットフード業者がどのような不正を行おうが見て見ぬふりをしていました。この規制ができたおかげでペットフードがいい方向に向かったのは間違いありません。

ランキング上位が悪いというわけではない。

ランキング上位のドッグフードが他のドッグフードよりも素晴らしいフードかと言われるとそれは違うと思います。しっかり根拠が示せているドッグフードならば良いのです。

悪いサイトばかりでもない

ドッグフードランキングサイト見分ける方法は、ランキングの根拠が明確に示されているかどうかです。アフィリエイトという宣伝の方法も意外と悪くない部分もあります。企業がネットに広告を出し続ける理由は自社の商品の良さがわかれば、きっとその後も買い続けてくれるだろう。という何よりも自社製品に対する自信がしっかりあるからです。

まとめ

犬の健康に良くない原材料が含まれたドッグフードがたくさん市場に販売されています。つまり国の規制は危険性が高いドッグフードは飼い主さんが見極めてくださいということです。長生きできない犬の寿命を縮めている原因の一つは飼い主が与えるドッグフードです。飼い主が犬の健康状態をしっかりと把握してその時の状態に合ったドッグフードを選ぶことが大切です。ドッグフードの選び方を理解するのがポイントです。

ひとこと

ぜのぜの

ぜのたちは安心して美味しいご飯が食べられればOK!ボス、見極めをよろしく頼んだぞ★
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です