中型犬の種類、人気ランキング!室内で飼いやすいのは抜け毛が少ない?

日本では小型犬が多く飼育されていますが、日本原産の犬種や日本犬の雑種は中型犬が多いため犬と言えば中型犬を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しつけやすさと体力を兼ね備えた中型犬の魅力をランキング形式でご紹介!室内でかいやすいのは?抜け毛が少ない犬種は?気になる疑問も徹底解剖。

ぜのぜの

こんにちは!ぜのぜのです。
ぜののお友達は中型犬が一番多いよ~!

中型犬の特徴は?

中型犬は小型犬と大型犬の長所を併せ持ち飼いやすいため人気があります。
また、狩猟犬として活躍していた中型犬は飼い主に従順で自分で考えて行動するような賢さも持ち合わせています。

中型犬の特徴と性格

同じ中型犬でも犬種によって特徴や性格はそれぞれ違います。また中型犬は犬種や固体によっては、20kg近くの大きさになることがあります。人に飛びつくなどしてケガなどのトラブルを起こさないためにもしつけは必須といえます。体力がある犬種も多く、しっかりと発散させないとストレスがたまって問題行動につながることもありますので散歩や遊びの時間をたっぷりと取るようにしてください。

ぜのぜの

しつけをしていない子って結構怖い。

また、中型犬の寿命は一般的に大型犬より長く小型犬より短い傾向にあります。子犬が成犬になるスピードは大型犬よりも早く逆に老化のスピードは緩やかになります

中型犬は抜け毛が少ない種類が人気?

中型犬は比較的しつけもしやすく飼いやすいとされていますが、 犬を飼うなら、飼いやすいだけでは決めてはいけません。基準は人それぞれですが、飼いやすい犬なんていないのです。気になる点があれば犬を飼う際はブリーダーさんなどにじっくり相談して検討しましょう。

抜け毛はどの犬にもあるものですが、比較的抜けにくい犬種も多いです。中型犬の場合、抜け毛が少ない種類が人気かと言われると、実はそうではないんですよね。犬を飼うにあたって、抜け毛だけで選んでいる人は実際少ないのかもしれません。

ぜのぜの

ぜのは特に毛がやばいからね!

中型犬の人気ランキング!

中型犬の人気な種類をランキング形式でご紹介していきます!

MEMO
犬はその身体の大きさによって小型犬、中型犬、大型犬と分類されていますが実はその大きさの判断基準は厳格には決まっていません。ペットメーカーや団体がそれぞれでサイズを定めていて、どちらにも属する犬種も存在しています。ドッグランやペットホテル、トリミング、ペット可賃貸などでは中型犬を犬種で区別する施設もあれば体重で区別する施設もあります。体格や身体的な特徴に関してももっとも多様で背が高く足が長い犬種もいれ、筋肉質で足の短い犬種など様々な犬種があります。

10位 紀州犬

紀州犬

引用:みんなの犬図鑑

引き締まった容姿とすぐれた運動能力を持つのが紀州犬です。飼い主にとても忠実な一方で見知らぬ人や犬には威圧的な面を見せることもあるため、しつけをしっかり行うことが大事です。賢く好奇心旺盛で飼い主さんを中心として限られた人にのみ強い忠誠心をもちます。警戒心が強く知らない人や犬には攻撃的になることもあります。飼い始めのうちから他の人や犬との接触を十分させることで警戒心は減らすことが可能となります。運動を十分にしてストレスになることを防ぎましょう。十分なしつけをすれば家庭でも飼える犬種です。

9位 イングリッシュコッカースパニエル

イングリッシュコッカースパニエル

引用:みんなの犬図鑑

イングリッシュコッカースパニエルはイギリス原産の犬種で狩りの本能が強く残っており運動量が多く活発なのが特徴です。社交的で飼いやすい性格をしています。長い毛なのでブラッシングやトリミングはしっかりと行う必要があります。また耳の中にに汚れが溜まりやすく細菌感染を起こしやすい犬種でもあります。定期的に飼い主さんが耳掃除と耳のチェックをするようにしてあげてください。

8位 ブリタニースパニエル

ブリタニー・スパニエル

引用:いぬのきもち

足が長くウェーブの掛かった毛が特徴のブリタニースパニエルは猟犬として活躍していたためスピードや持久力に優れています。ブリタニースパニエルはフランスのブルターニュ地方原産の中型の犬で人懐っこく飼い主の指示にはよく従ってくれます。好奇心が旺盛で鳥や動くおもちゃなどに反応して飛びついて遊んだりと、動き回ることが大好きです。正しいしつけをするようにしましょう。

7位 甲斐犬

甲斐犬

引用:みんなの犬図鑑

日本に古くからいる犬種として国の天然記念物として登録されているにも関わらず、あまりメジャーな犬ではありませんでした。ところが最近はメディアで取り上げられることが増えて人気が出てきました。甲斐犬は現在でも猟犬として活躍していて飼い主に付いて猟をしている時には気持ちをそこに集中し何事にも辛抱強く取り組むことができます。獲物を追いかけることのできる強い足腰と野生動物にも立ち向かうことのできる気性の荒い性格をしていて野性的で性格は忠誠心や警戒心が強く知能も高いです。

6位 オーストラリアンシェパード

オーストラリアンシェパード

引用:いぬのきもち

オーストラリアンシェパー、通称オーシーは賢く温厚な性格をしている犬種です。あまり日本では見かけることのない犬種ですが牧畜犬としても知られており警戒心が強く番犬としても向いています。物覚えが良く賢い犬種なので、しつけは覚えさせやすいです。自分で考えて行動するため、指示される前に行動を起こすこともあります。オーストラリアンシェパードは疲れ知らずのスタミナがあります。そのため、たくさん運動をさせてあげましょう。また、しつけを怠ると吠えたり噛むなどの問題行動を起こす可能性があります。できる限りの時間を取って一緒に遊んであげるようにしましょう。

スポンサーリンク

5位  ウェルシュコーギーペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

引用:みんなの犬図鑑

一般的にはコーギーと呼ばれ、正式な名前を知っている人は少ないのでは?大きな耳と、キツネのような顔立ち。そして、なによりも胴長短足というのが特徴ですね。性格は明るく、元気に遊ぶことが大好きでとっても社交的。おしりが大きく、ぷりぷりと歩く姿がとっても可愛らしいですよね。その体格から、椎間板ヘルニアや、股関節形成不全などの病気には十分に注意が必要です。

4位 シェットランシープドッグ

シェットランドシープドッグ、通称シェルティはイギリス・スコットランドのシェットランド諸島原産の犬種で牧羊犬として飼育されていました。その歴史から非常に賢く、しつけもしやすい犬種とされています。シェルティは、抜け毛が多いので体毛のケアはしっかりしてあげましょう。毎日のブラッシングには時間をかけましょう。夏の暑い季節が苦手なので温度管理も重要です。

ぜのぜの

ぜののことだね!小型犬に分類されているところもあるけど、ぜのはちょっと大き目だから中型犬だね。

3位 フレンチ・ブルドッグ

フレンチブルドッグ

引用:みんなの犬図鑑

イギリスで作られたイングリッシュ・ブルドッグがフランスに持ち込まれ交配を重ねた結果うまれたのがフレンチブルドッグであると広く言われています。足と胴体は筋肉質でがっちりとしていて体つきと愛くるしい顔で人気があります。警戒心が強い性格ですが好奇心旺盛で甘えん坊な性格も魅力のひとつです。穏やかで神経質な面は少ないため無駄に吠えたりすることが少ないです。ストレスが溜まって攻撃的になったり体調を崩ずすこともありますので飼い主さんがよく遊んであげてください。フレンチブルドッグは暑さと寒さに弱い犬種なので室内飼いが基本です。

2位 アメリカンコッカースパニエル

アメリカンコッカースパニエル

引用:みんなの犬図鑑

賢くて落ちつきがある性格をしています。元々は猟犬ですが飼い主や家族に友好的に接してくれますのでペットに適しています。一方で知らない人には警戒心を見せることが多いです。信頼関係を築くには幼少期からの一貫したしつけが大切です。暑さにも弱いため室内飼いが基本です。
※コッカースパニエルとイングリッシュコッカースパニエルはずっと同犬種として扱われていましたが別犬種として扱うようになりました。

1位 ボーダーコリー

ボーダー・コリー

引用:いぬのきもち

元々はイギリスのスコットランドの牧羊犬であるボーダーコリーは犬のなかでも大変頭が良いとされています。バランスの取れた体格をしており運動能力も抜群です。現代においても、ドッグスポーツで活躍している犬が多い犬種です。活動的なため運動が足りないとストレスを溜めてしまうこともあります。頭がいいのでしつけは十分に行う必要があります。飼いやすいというのは嘘。実は、しつけを十分にせずに手放す飼い主が多くいます。飼いやすいと思っている人は絶対に飼わないでください。

中型犬は室内でも

体重にもよりますが小型犬のように抱くこともできます。マンションでも比較的飼いやすいため中型犬を飼っている人は多いです。中型犬の場合は大型犬を飼うときのような広いスペースを必要としません。また食べる量も大型犬よりは少ないため餌代の負担も軽くなります。またトリミングサロンやペットホテルのようにサイズによって料金が異なるサービスでも利用料金を押さえられるメリットがあります。

さいごに

中型犬は小型犬に比べて、可愛らしさだけではなく動物としての力強さがあり魅力的な犬種がたくさんいます。中型犬は小型犬より運動量が多く力が強いですが大型犬に比べて力が制御しやすいため優しく育ててあげれば、きっと素敵なペットとして楽しく暮らすことができるかと思います。しかし犬種によっては猟犬として活躍していた歴史を持つ犬種も多くおり、しつけを十分に行わなければ噛みついたり無駄に吠えたりなどの行動が発展して思わぬ事故に繋がってしまうこともあるので注意が必要です。中型犬種の特徴を確認したうえで飼い主さんに合った犬種を飼ってくださいね。

ひとこと

ぜのぜの

ぜのの犬種は人気になってきているんだって!同じ仲間がいるって嬉しいよね♪
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です